NANDA-00253 看護計画 低体温リスク状態

NANDA、NOCを活用して看護計画(OP.TP.EP)を立案しています。手元にNANDAやNOCがないときの計画立案にお役立ていただけます。看護診断「低体温リスク状態」では、リスクの因子を抽出し、低体温予防のための看護計画を立案しています。

続きを読む

NANDA-00006 看護計画 低体温

NANDA、NOCを活用して看護計画(OP.TP.EP)を立案しています。手元にNANDAやNOCがないときの計画立案にお役立ていただけます。看護診断「低体温」では低体温となる原因(疾患、環境、薬剤、年齢など)を抽出し、問題解決や再発予防のための看護計画を立案しています。

続きを読む

NANDA-00007 看護計画 高体温

NANDA、NOCを活用して看護計画(OP.TP.EP)を立案しています。手元にNANDAやNOCがないときの計画立案にお役立ていただけます。看護診断「高体温」では、熱中症、腫瘍熱、薬剤性などの高体温となる原因を抽出し、それぞれに合わせた計画立案を行っています。

続きを読む

ラテックスアレルギー反応 看護計画

NANDA、NOCを活用して看護計画(OP.TP.EP)を立案しています。手元にNANDAやNOCがないときの計画立案にお役立ていただけます。看護診断「ラテックスアレルギー反応」は実在型看護診断です。既に起きているアレルギー反応に対する治療計画とともに、再発予防のための計画も立案しています。

続きを読む

NANDA-00217 看護計画 アレルギー反応リスク状態

NANDA、NOCを活用して看護計画(OP.TP.EP)を立案しています。手元にNANDAやNOCがないときの計画立案にお役立ていただけます。看護診断「アレルギー反応リスク状態」では、アレルギー全般を取り扱っています。アレルゲン回避やアレルギー症状発生時の対処のための計画立案をしています。

続きを読む

NANDA-00218 看護計画 ヨード造影剤有害作用リスク状態

NANDA、NOCを活用して看護計画(OP.TP.EP)を立案しています。手元にNANDAやNOCがないときの計画立案にお役立ていただけます。看護診断「ヨード造影剤有害作用リスク状態」では、ヨード剤の特徴、アナフィラキシーショックの症状と対応の理解を深め、計画立案につなげています。

続きを読む

NANDA-00037 看護計画 中毒リスク状態

NANDA、NOCを活用して看護計画(OP観察計画、TP行動計画、EP教育計画)を立案しています。手元にNANDAやNOCがないときの計画立案にお役立ていただけます。看護診断「中毒リスク状態」では、食品、食中毒菌、薬品、一酸化炭素、水中毒、非合法薬物などの原因別にリスクを考え、再発を防止するための計画を立案しています。

続きを読む

NANDA-00289 看護計画 自殺行動リスク状態

NANDA、NOCを活用して看護計画(OP観察計画、TP行動計画、EP教育計画)を立案しています。手元にNANDAやNOCがないときの計画立案にお役立ていただけます。自殺リスク状態では、令和元年自殺の統計をもとに自殺の誘引を抽出し、リスク回避のための看護計画を立案しています。

続きを読む

NANDA-00151 看護診断 自傷行為/自傷行為リスク状態

NANDA、NOCを活用して看護計画(OP.TP.EP)を立案しています。手元にNANDAやNOCがないときの計画立案にお役立ていただけます。 看護診断「自己傷害(自傷行為)」の背景にある誘因を抽出し、再発予防や自傷行為後の療養について計画立案しています。自殺のリスクについては「対自己暴力リスク状態」で取り扱っています。

続きを読む

NANDA-00140 看護計画 対自己暴力リスク状態

NANDA、NOCを活用して看護計画(OP.TP.EP)を立案しています。手元にNANDAやNOCがないときの計画立案にお役立ていただけます。 対自己暴力リスク(自殺行為)を自殺の統計から誘引を抽出し、予防のための看護計画を立案しています。自傷行為については「自己傷害」「自己障害リスク」で取り扱っています。

続きを読む

NANDA-00138 看護計画 対他者暴力リスク状態

NANDA、NOCを活用して看護計画(OP.TP.EP)を立案しています。手元にNANDAやNOCがないときの計画立案にお役立ていただけます。看護診断「対他者暴力リスク状態」では家庭内暴力、いじめ、虐待を扱っています。

続きを読む

NANDA 看護計画 血管外傷リスク状態

NANDA、NOCを活用して看護計画(OP.TP.EP)を立案しています。手元にNANDAやNOCがないときの計画立案にお役立ていただけます。「血管外傷リスク状態」では、血管に負荷のかかる薬剤、バスキュラーアクセス、動脈硬化などの血管外傷リスクとなるものを抽出し、外傷リスクを回避する方法を看護計画として立案しています。

続きを読む

NANDA-00038 看護計画 身体外傷リスク状態 

NANDA、NOCを活用して看護計画(OP.TP.EP)を立案しています。手元にNANDAやNOCがないときの計画立案にお役立ていただけます。「身体外傷リスク状態」では、転倒転落リスクと重複している部分があります。転倒転落に、年齢、疾患、職業、中毒などを加えてリスク抽出をし、リスク回避のための看護計画を立案しています。

続きを読む